我慢しないでまずは相談

適応障害は様々な病気の予兆|うつ病との大まかな違い

効果的な治療法

適応障害の治療法にはいくつかの方法がありますが、その中でもリフレッシュを行なうことが一番効果的な治療法とも言えます。ストレスの原因から離れてリフレッシュを行なうことで、比較的早く症状が回復する特徴があります。

適応障害がもたらす影響

適応障害にはうつ病に似た様々な症状があります。憂うつな気分や喪失感、頭痛、腹痛、倦怠感などが主にあげられます。これらの症状で日常生活で色々な影響をもたらすと考えられています。

適応障害の症状とは

レディ

現在ではうつ病は、多くの人が知っている病気になりましたがそれ以外の精神疾患についてはまだ色んな人から理解を得られていない状況です。うつという言葉が有名になりすぎた傾向もあり、うつ病とほかの精神疾患である適応障害などが誤認してしまうことが、医療の現場においていまだ発生することがあります。適応障害はそれほどまでにうつ病と似ているのか確認してみましょう。また、どのような病気なのかを事前に把握していきましょう。
主に、適応障害はうつ病を含んでいる様々な疾患の前兆でもあると言われています。適応障害とは、情緒面や行動面の症状で社会的機能が大幅に阻害されている状態のこととなっています。とある生活の変化でその人にとって大きなストレスの源となって、日常生活や人間関係に多大な支障が出てしまうほどの不安感や心配などの症状が発生している場合は、すべて適応障害だと言えます。うつ病と同じく、意欲の低下や食欲不振や過食、倦怠感と言った症状がありますが、行動面に症状には異なりがあるのが特徴です。適応障害の行動面の症状は、主に抑うつ状態が原因で感じる不安や焦り、怒りなどによって気持ち自体が不安定になって、声を大きく出して怒りを表現したり突然泣き出したりなどの行動が多いです。また、アルコールに強い依存を持っていることも多く、虚言を繰り返したり異常な攻撃性も見られることが多いです。これらはうつ病の症状には当てはまらないですが、周りからはストレスから性格が180度変わってしまったと勘違いされて、自分がうつ病ではないかと思い込んでしまう人もいます。適応障害とうつ病の大きな違いは、抑うつ状態の持続性になっています。うつ病はストレスの原因から離れても抑うつ状態が続いてしまうことは珍しくありませんが、適応障害の場合ですと、ストレスの原因から一旦距離を置くと抑うつ状態が和らぎ、趣味や休養をする余裕が持てます。
上記が適応障害とうつ病の大まかな違いとなりますが、適応障害が悪化してしまうとうつ病になってしまう可能性があります。最初は適応障害と診断されても時間がたつとうつ病と診断されるケースもあります。また、適応障害から摂食障害や睡眠障害などを引き起こすこともあるので、様々な病気の前兆を示している場合もありますので、適応障害の症状が見えた場合は直ちに医療機関に行くようにしましょう。

ストレスが原因

適応障害が発生してしまう主な原因は、ストレスだと言われています。ストレスの中にも種類があり、環境面なストレスや健康面なストレス、心理的ストレス、人間関係のストレスがあります。

早期改善のために

日本で精神科に通っている患者数の大体10%ほどが適応障害だと診断されているのが現状となっています。もし適応障害はと診断されても早期改善をすることは可能です。周囲の助けを借りながら治療しましょう。