男性

適応障害は様々な病気の予兆|うつ病との大まかな違い

適応障害がもたらす影響

女の人

どんな人でも一度は悲しい出来事や思い通りにならないような出来事によってイライラや不安が強くなったり、憂鬱な気分になったり、自暴自棄になったりすることは経験したことはあるのではないでしょうか。適応障害は、これらの社会生活上のストレスに対する反応がたくさんの人が感じている以上に強く感じてしまいます。仕事や学校、家庭内での生活が著しく阻害されてしまう状態のことを指します。予想以上にストレスや精神的ダメージを受けてしまう理由として、周りのサポートが不足していたり、自分自身の精神的な弱点が関与していると言われています。この適応障害ですが、症状がひどくなっていくと社会生活に様々な影響を及ぼしてしまいます。
適応障害の症状が社会生活を及ぼしてしまう影響は、ストレスの原因によって色々あると考えられています。ですが、一例として職場がストレスの原因の場合を見てみましょう。不安症状が強くなっていくと、ストレスが近づいてくるにつれて恐怖感や不安が強くなってしまいます。朝、出社をしようとすると不安や緊張が大きくなって通勤の途中で吐き気や動機などの症状が出て出社が難しくなることがあります。また、ここで抑うつ状態がひどい場合ですと、憂鬱な気分や喪失感、絶望感が現れてしまいます。それが起きると、職場で急に涙を流し足り、業務への意欲が失われてるため効率が下がったり、集中力の低下から頻繁にミスが発生してしまいます。身体的な症状としては、倦怠感や頭痛、腹痛などが発生して様々な活動を制限してしまうことがあります。問題行動も発生すると、現実逃避を行なうことが多くなります。遅刻や欠勤など勤務態度が悪くなったり、私生活では自暴自棄になってアルコールの飲みすぎ、ケンカなどを起こしてしまう場合があります。このように適応障害ではこれらの症状が発生して、日常生活に影響を及ぼします。相談やサポートしてくれるような人がいない、孤立した環境、非常に忙しい環境の人などが適応障害になりやすいと考えられています。上に書いている適応障害の症状がひどくなってしまうと、今度はうつ病になってしまう恐れもありますので、気を付けるようにしましょう。