男性

適応障害は様々な病気の予兆|うつ病との大まかな違い

早期改善のために

男の人

うつ病と似た症状や日常生活において様々な影響を及ぼすことがある適応障害ですが、どれほどの患者数がいるのでしょうか。精神科に通院している患者数のおよそ10%以上が適応障害であると診断されています。また、実際の臨床場面では、大きな割合で適応障害の患者が受診されており、年々患者数が増えてきています。うつ病を中止とした気分障害の患者数は約96万人となっており、昔と比較してみると約2倍ほど増加していると考えられます。
予想以上に患者数がいる適応障害ですが、早期に気づいて適切な治療や処置を行なうことで、多くの患者は回復することが出来ます。しかしながら、適応障害からうつ病になってしまったり、アルコール依存症や摂食障害、睡眠障害などの精神障害に発展してしまう患者も多数なりとも存在します。大きなストレスを感じてしまった場合は、ストレス状況を回避してしまう前に出来るだけ周りにすぐに相談を行なったり、サポートを求めたりして、ストレス状況に適応できるようにすることが非常に重要と言えます。心身の症状がつらい、自分自身での対応が難しい、周囲のサポートが得られない、適応障害の判断に迷う人は心療内科や精神科などの医療機関に行くことを強くおすすめします。放置したりせずに、すぐに行動に移しましょう。なお、最近ではインターネットを利用して行なう無料の適応障害チェックもあります。細かな質問を答えていって、自分の現状を簡易的に診断を行なうことが出来ます。このチェックがすべての結果と言えませんが、一度行ってみるのも良いでしょう。
また、適応障害と診断されたら回復において、家族や友人、職場の人が果たす役割は非常に大きいでしょう。相談に応じる姿勢が大切になっており、その上で本人が主体的にストレスに適応できるような環境を調整したり支援したりすることが重要になるでしょう。これらを積極的に行うことで、ストレスに圧倒されてあまり機能をはたしていなかった心の働きを回復させると同時に、その負荷を軽減させることでストレスの克服を可能にしてくれます。適応障害と判断されてしまった人を責めずに、ちゃんとサポートを行っていくことを周りの人たちが強く意識するようにしましょう。また、理解をすることも大事です。